外出時の睡眠できないときの解決法

 

外出時、出先のホテルで睡眠が満足に取れないときがありますよね。

 

それでも睡眠が必要な時はありますが、慣れないベットや枕では寝付けないなんてことも多くあります。

 

そんな時は、寝る前に半身浴して体を心から温めましょう。

 

そうしたらお布団に入ったらゆっくり眠れるようになります。

 

それでも寝れないときは、軽くストレッチをしましょう。

 

これは、激しいのではなく、ゆっくりした動きのストレッチが好ましいです。

 

適度な負荷が体を休めるに良いです。

 

ほかにも、ホットアイマスクなどを使用するといい感じの睡眠がとれます。

 

これは、目の周りの血液循環がよくなるので疲労回復にもおススメですし、同じように深い睡眠に入りやすくなります。

 

あとは、寝る直前までPCやスマホなどを使用しないことです。

 

これをやらないだけでも睡眠の取りやすさが変わってきます。

 

外出時や、旅行などの出先では神経が高ぶっていいて普段より寝つきが悪くなるので、なおさらです。

 

PCやスマホには、ブルーライトが多く使われているので睡眠が浅くなるだけではなく、寝つき自体も悪くなる傾向があるので睡眠一時間前には使用を控えましょう。

 

お布団に入る直前に、ホットミルクにカモミールや砂糖を入れた暖かい飲み物などを飲むのも効果的です。

 

これは、深部体温が上昇することで睡眠を促進する効果があります。

 

ひと肌に温めたホットミルクは胃や脳を刺激しないので、睡眠効果にはおススメです。

 

なので、スマホを触らない→湯船にしっかりつかって体温をあげる→ストレッチをする→ホットミルクを飲む→ホットアイマスクを付ける。

 

これでより良い睡眠が得られます。

 

 

 

 

 

不眠症解消サプリ