出張先や旅行先で早く寝たいのに眠れないときどうすればよいかの対処法

出先でなかなか寝付けない時は?!

 

誰もが一度は経験したことがあると思いますが、仕事の出張先やプライベートの旅行先で、「明日は早く起きなきゃいけない」と思いつつ、いつまでも眠れないということがあります。

 

これは普段使っている寝具と違って、パリッとしたシーツや柔らかい枕など、環境が変わってしまうことがひとつの原因でもあります。

 

枕が違うと眠れないという繊細の人は意外と多いのです。

 

それによって携帯電話をいじったりテレビをつけてしまい、更に眠れなくなるという悪循環に陥ってしまします。

 

また、自宅では感じないような物音に敏感になって、廊下を歩く音や外の風の音などを気にする人もいます。これではいつまでも眠れないですね。

 

さらに、普段一人で寝ているのに誰かと一緒に寝る場合は、周りに気を使ったりしていつまでも目が覚めてしまっている人もいます。自分のいびきなどが周りに迷惑をかけないだろうか、などと自意識過剰気味になる人も少なくありません。

 

このように出先でなかなか寝付けない方は、目や耳からの情報をシャットアウトすることが一番効果的です。

 

耳には耳栓、目はアイマスクをすると良いでしょう。

 

単純に静かで暗いところになると本能的に眠れてしまうのうです。

 

これらをつけることによって良質な睡眠が確保され、短時間睡眠でもスッキリ起きられるというメリットがあります。

 

アイマスクは薬局などで売られている「めぐリズム 蒸気ホットアイマスク」という商品がおすすめです。

 

香りもよく、温かい温度でじわっと目元を暖めてくれ、眠りに誘ってくれるでしょう。

 

耳栓もアイマスクもそれほどコストがかからないので、旅行先にひとつ持っておくと安心です。