スマートフォンを見ながら床に就くのはNG

寝る前に脳の刺激になる事はやめましょう

 

明るい光 それは脳に刺激を与えます

 

「最近なんか寝付き悪いなぁ・・・」って思ったりしてないですか???

 

それはながら寝が原因の一つです

 

液晶画面から出るブルーライトが脳に刺激を与える

 

明るい光自体が脳に刺激を与え活性化させてしまうだけでなく液晶画面から発される
ブルーライトが目に疲労を与え、眼精疲労から刺激でも脳に影響が出てくるので
寝る為に床に就き横になっているのに目が冴えて寝れなくなってしまいます

 

それだけでなく、何かの情報やアプリでゲームをやることで脳に情報をインプットしたりゲームをプレイする事で
脳が興奮しますます悪循環に陥ってしまいます

 

 

でも、寝ようと思っても寝付けないから必然とスマートフォンを見てしまう・・・

 

そんな気持ちもすごくわかります

 

「羊が一匹 羊が二匹 羊が三匹・・・」

 

なんてやってられないし、ストレス社会のこのご時世 ふと

 

「あ〜 あれどうしよう・・・」
「げっ 忘れてたのに嫌なこと思い出しちゃったなぁ・・・」
「明日のプレゼン緊張するなあ・・・」

 

色々ありますよね・・・w

 

寝る前に考え事をしちゃうのが嫌だからなんか読んだりして自然に寝れるようにしたりする目的で
スマートフォンをみたりしてると思います

 

でも、お伝えしたようにスマートフォンのながら寝は目にも悪いし脳にも良くないです

 

 

じゃあ どうしたらいい???

 

一般的な方法でいうと就寝2時間前までにお風呂に入るとか
アルコールを飲んで強制的に眠くさせるとか
寝る前にカフェインを飲んで興奮を抑えてリラックスするとか
少し運動して体を疲れさせるとか

 

色々ありますよね

 

でも、ちょっとおすすめな方法をご紹介します

 

すごく簡単でだれでもできる方法です

 

その方法とは・・・

 

 

 

 

 

深呼吸!!

 

 

といっても呼吸法みたいなものでスーハースーハーすればOK!!というわけではないです
意識レベルを変える必要があります

 

@ まず 頭の中身を空っぽにして何も考えないようにする

 

A 今抱えている悩みを一つ具体的に頭の中で思い浮かべてイメージする

 

B その悩みを吐き出すイメージで深呼吸する

 

たったこれだけですw

 

 

深呼吸の方法

 

そんなに難しくないのでとりあえずやってみてください

 

@ 悩み一を頭のテッペンに思い浮かべてイメージする

 

A 鼻から息をゆ〜〜〜〜っくり吸って限界まで吸う

 

B 吸った息を口からふ〜〜〜〜〜っとできるだけゆっくり吐き出しながら頭に思い浮かべた悩みのイメージを自分の足の先から押し出す様に
  息を吐く

 

C 悩みが足の先からすーっと出切るまで深呼吸をする

 

これをやると足のさきからふくらはぎくらいまでがなんかジーンとしてきて慣れてくると悩み=ストレスが足の先から排出されているのがわかってくるようになります

 

これをくりかえしているうちに深呼吸しているので自分で気づけない興奮もおさまり脳から足先まで自然とリラックスできるようになるので
きづかないうちに寝ている事ができちゃいます

 

この方法おすすめですよ

 

ですが、ストレス以外の身体的な何かの原因で寝付きが悪かったりするとこの方法でもだめな時はあるので
そういった時は睡眠不足を解消してくれるドリンクなどを試してみるのもおすすめです